【サッカー人気5位】【アビスパ’s Voice】「両手離し…

サッカーの羅針盤

【青赤ウォッチ】”笑顔の高速サイドバック”バングーナガンデ佳史扶の静かなる野心:FC東京でレギュラーを獲れたら日本代表になれる

ルヴァン杯の徳島戦でスタメン出場したバングーナガンデ佳史扶は左サイドをしっかりと防衛しながら、味スタのデビュー戦で1−0の勝利に貢献しました。一方で持ち前の攻撃面では慎重になりすぎたのか、なかなか良いところを発揮できませんでした。

「緊張はあんまりしなかったですけど、硬く入りすぎたかなと。新しいチームというか、新しいメンバーで相手を見て入ろうと言うことで硬くなったと思います」

そもそもの課題としては「キャンプの時からサイドバックはまず守備ができて、そこからどう特長を出すかだぞと言われていた」と言うカシーフ ですが「前へ行きすぎて守備がおろそかになっていた」と振り返ります。その意味では守備面である程度の安定感を出せたことは収穫と言えるでしょう。

(残り 1488文字/全文: 1810文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ