【サッカー人気5位】【山雅探報】これからの松本山雅を本気で…

サッカーの羅針盤

【ガンバ大阪】劣勢だった浦和戦で活性を生んだ福田湧矢、ガンバの救世主へ:楽しかったですサッカー

ガンバ大阪は埼玉スタジアムで浦和レッズに1−1で引き分け。前半は4ー4−2の守備に対して可変性のポジションで位置的優位をとられ、ほとんど圧倒されながらも東口順昭の好セーブや浦和の精度にも助けられる格好で、0−0で前半を終えました。

後半は右サイドの守備を強めしながら初スタメンのFW白井陽斗に代えてパトリックを前線に投入し、さらに小野瀬康介を右サイドに加えてパワーバランスを回復したガンバでしたが、今後は酒井宏樹のサイドからチャンスを作られる状況を変えたのが怪我から久々の復帰となる福田湧矢の投入でした。

左から鋭い仕掛けで日本代表の酒井を後手に回し、惜しいシュートを放つなど攻撃を活性化させることで、浦和の酒井を起点にした攻撃も限定した福田。結果的にPKで失点、直後にパワープレーからPKを返す形で1−1となりましたが、ガンバに希望を与える活躍だったことは間違いありません。

福田湧矢

(残り 917文字/全文: 1307文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ