「川崎フットボールアディクト」

【レポート】沖縄合宿2日目・練習試合 ジェフ千葉、FC琉球戦「セットによって攻撃の仕上がりの違いが目立つ試合に」

沖縄合宿2日目にセットされた練習試合は、ジェフ千葉と45分を2本。FC琉球と45分を1本の形式で行われた。

勝敗へのこだわりを口にしてきた鬼木達監督にとって、練習試合といえども勝たねばならぬ、という思いで臨んだ試合だった。そういう意味では千葉との45分2本が0−0、1−0。琉球との45分が1-1という結果に終わっており、諸手を挙げて良かった、と言えるものではなかった。特に琉球との45分は先制点を奪われた難しい展開となる。開始3分にミスから1点を失うと、45分を通して思うように攻めきれない試合となっていた。ただ、0-1での敗戦を覚悟した終了間際の45+3分に大久保嘉人が同点ゴールを決めており、負けなかったという点では評価できそう。

(残り 1793文字/全文: 2110文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ