「川崎フットボールアディクト」

【プレビュー】ゼロックス杯 川崎vsC大阪 準備期間の成果が見られるか。「2回り大きくなった」姿に期待

■コンディション
負けていい試合はないのだが、それにしても昨季はシーズンがリーグ優勝で終わることができたことが何よりも良かったと思っている。川崎フロンターレにとっての2017年シーズンは、天皇杯が準々決勝で終わっていたこともあり12月2日のリーグ最終戦で終了。若手選手を中心に15日まで練習は続けられたが、5日のJリーグアウォーズや10日の優勝パレードを除けば、E-1選手権に代表招集された谷口彰悟、車屋紳太郎、大島僚太、小林悠、阿部浩之といった選手が16日まで日本代表として公式戦を戦い、2017年の全日程が終了していた。

(残り 1980文字/全文: 2241文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ