「川崎フットボールアディクト」

【プレビュー】J1 第7節 川崎vsC大阪 苦手意識は持ちたくない。敗れた二つの決勝戦の雪辱を


■二つの決勝戦
C大阪との対戦はやはり二つの決勝戦を思い起こさざるを得ない。今シーズン公式戦初戦のゼロックス杯はもちろん、昨季のルヴァン杯の記憶は鮮烈だ。この2試合の経験をふまえ、小林悠は次のような危機感を述べている。

「ずっと勝ててない相手ですし、やりにくいというのは正直な印象です。そろそろここで叩いておかないと、やりにくいまま勝てない相手になってしまうと思うので」

特定のチームに対し苦手意識が出て来るのは良くない。小林が表明する危機感は当然のものだろう。

大島僚太は、ゼロックス杯での対戦経験を元に警戒感を示している。

「ゼロックスではあれがセレッソの平均だったら怖いなというくらい、攻め手もあまり浮かばないというか、大変な試合だったという印象を覚えています」

(残り 1717文字/全文: 2046文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ