都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

「川崎フットボールアディクト」

【コメント】J1 第18節 湘南vs川崎(中村憲剛)「真ん中を締めるチームが増えているので。うちのサイドバックが肝になる」

第18節の湘南戦を前にした練習後のコメントです。

◯中村憲剛
――湘南の印象は?
「よく走りますね。ただそれに付き合うサッカーではない。けど、ある程度そこに対抗して走ることは大事になってくる。そうすると向こうの土俵に乗っちゃう。来てくれるということはどこかが空くということなので、それをちゃんと見極められるということもあると思います。ずっと90分間、アップテンポな試合にはならないと思います。自分たちがボールを保持して相手を走らせることもすごく大事だと思う。だから相手がどこでスイッチを入れてオレらのボールを取りに来るのかが逆にチャンスになるんじゃないかなと。そこでひっくり返せればビッグチャンスになると思うので。人についてくるところもあるし、任せるところもある。そこをすり抜けれれば数的優位も作れる。だから走ることとか圧力に惑わされないようにしたいなと。勢いとか。逆にそれをちゃんと見極められればそれを使えるかもというのはある。よく走る相手に飲まれないようにしたいなと」

(残り 639文字/全文: 1072文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック