「川崎フットボールアディクト」

齋藤学が悔しがるワンプレーと現状分析【コラム】

横浜FM戦を前に取材させてもらった時、齋藤学はベンチ入りすら危ういのではないかと漏らしていた。浦和戦の自らのパフォーマンスに納得できておらず、また熾烈な左サイドでの競争のただ中にあることを自覚していたからだ。

ベンチ入りすら危ぶむその理由の大きな部分は「現状自分としては納得行く動きではない」と話す自らのパフォーマンスにある。

(残り 993文字/全文: 1155文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ