【サッカー人気5位】再開J1のポイントは「選手層」。メンバ…

「川崎フットボールアディクト」

山村和也が模索する最適解【コラム】

水戸戦前の山村和也は「ちょっとずつ、コミュニケーションを取りながらフロンターレのサッカーに慣れてきているのかなというところです」と話していた。

その山村について強化部は「センターラインとして考えている」と話していたが、宮崎・綾町での一次合宿から振り返ると、CFからトップ下、サイドハーフ、ボランチ、最終ラインも経験済み。ただ、水戸戦に向けては大島僚太とともにボランチで調整を進めていた。

(残り 1378文字/全文: 1570文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック