【サッカーパック人気2位】 【SBGニュース】羽生英之社長に訊く『ホワイト監督の解任、永井新監督に…

「川崎フットボールアディクト」

小林悠「悩んだり壁に当たるときの方が自分は成長できている」【コラム】


実は、小林悠のことが気がかりだった。

印象として調子を落としているイメージがあったからだ。

昨季に比べるとFWの競争は激化。一本立ちしてきた知念慶に加え、レアンドロ・ダミアンがその実力を発揮してきた。彼ら二人はストライカーとしての役割に徹している一方、器用な小林は組み立てを任されることもしばしば。2シーズン前のリーグ得点王は、その能力の高さが故に、より難易度の高いタスクを求められてきた。

そうした現状と、これからについて、小林が思いの一端を明かしてくれた。

(残り 723文字/全文: 950文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック