【サッカーパック人気1位】 【代表うぉっち】畠中槙之輔はキルギスでも元気いっぱいです(”保護者”は…

「川崎フットボールアディクト」

馬渡和彰「相手がどういうプレーが嫌かを考えながらやりたいです」/天皇杯3回戦 岡山vs川崎【試合前コメント】

天皇杯3回戦の岡山戦を前にした練習後のコメントです。

◯馬渡和彰
――出るとしてどんなことを意識します?
「明治の時も難しい試合になりましたし、岡山からしたら相当な気合いで入ってくると思いますし、受けたら難しい試合になると思うので。あとは日ごろ出てない選手たちがどれだけギラギラ感をもって、そこで見せて、Jの試合に出るんだという気持ちを持ってやれるのか、というところも大事だと思いますし」

――普段と違うサイドになりそうですが。
「いや、もともと本職は左のつもりなので。なのでめちゃくちゃ久しぶりなので、確かめながらという、蘇らせながら、というところはありますが、J2の時に岡山とやったときは左サイドで岡山相手にいいプレーをできた試合があるので。あとは広島の時にプレシーズンで岡山とやってFKを決めたりして結構いい印象が、ぼく的には相性がいい印象があるので。またそういうのを、公式戦で見せられたら良いなと思います」

(残り 720文字/全文: 1122文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック