【サッカー人気3位】錦糸町フットボール義勇軍に「解散はない…

「川崎フットボールアディクト」

長谷川竜也に聞く、家長昭博の「伸びるボール」【コラム】

色々なことが起きた鹿島戦は、結果的に2点目が勝敗を分けた形。その2点目に直接的に関わってしまった内田篤人が自らのミスに言及したことはすでに原稿で紹介した。

「なんでかぶったんやろうね。ボールが伸びたんだよね。家長さんのあの、家長さん!(笑)」

内田が悔しがったこの場面。ポイントは内田が発した「ボールが伸びたんだよね」という証言だ。

その家長からのボールを受けた側の長谷川竜也は、このパスをどう見ていたのだろうか。

「そうですね。アキさんのボールは、軌道的に落ちてくるようなボールではなくて伸びてくるようなボールだったので。しかも内田選手の体の向きも自分を完全に捉えきれてない状態だったので、あれは難しいだろうなということで、自分が先に2歩くらい下がれば行けるなという印象でした」

(残り 851文字/全文: 1187文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック