【サッカー人気5位】男女サッカーの明暗、聖火台探訪、そして…

「川崎フットボールアディクト」

大島僚太「しっかりつけられれば薫が前に運んでくれるだろうっていうくらいの感覚でした」/天皇杯準決勝 川崎vs秋田【試合後コメント】

○大島僚太
――久しぶりの出場で、その中でも攻撃を活性化させていたと思いますが、どんな意識でプレーされていましたか?
「攻撃面においては、まあどこが空いてるとかは見ながらやることは意識しましたし、チームメイトとの距離感だったりっていうのは、なるべく近い距離でできたほうがいいのかなって思いを持ちながらやりました」

――先制点の場面のアシストは素晴らしかったと思いますが、あのシーンについては三笘選手とはどんなイメージを共有していたのでしょうか?
「薫があの時点で相手より内側に入ってましたし、しっかりつけられれば薫が前に運んでくれるだろうっていうくらいの感覚でしたけど、そこに行くまでの過程で、アキさんとかダミアンとか、近い距離で人数がうまく関わったことで相手の集結だったりとかを生んだと思うので。そこの過程の方がうまくいったのかなと思います」

※後ほど追記します。
追記しました。

(残り 965文字/全文: 1350文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ