【サッカー人気5位】【J1騒乱】[熱論]優勝カウントダウン…

「川崎フットボールアディクト」

どちらのエンドでやってても芝はダメだった【コラム】

ACL蔚山戦におけるPK戦は、ピッチコンディションの悪さが大きなポイントになっていた。特に2人目に蹴った長谷川竜也は軸足を乗せた芝がめくれ、足を滑らせてボールを枠に飛ばすことすらできなかった。勝敗を分けたあのPKはどうセットされたのか。登里享平に少し教えてもらった。

レアンドロ・ダミアンが交代したあとにキャプテンマークを引き継いだノボリは、PKに入るときにコイントスに臨んでいる。 そのノボリの話では、PK戦が始まる前に、どちらがよりよいのか、選手間で話していたのだという。

「ピッチのところで、どっちがいいかっていうところは、選手で話していました」

ところがコイントスの場面では、モハメド・アブドゥラ・ハッサン主審は、主審自ら手を指差してエンドを指定。

「コイントスの時に審判の方に聞いたら、もう決まってるって言うか。テレビの方も含めて、ルールというか、それも決まってるっていう風になって」いたのだという。中継カメラのセッティングなどの関係もあり、エンドは主審、もしくはAFCが事前に決めていた。だから「コイントスは先攻か後攻のところのジャッジのところだけ」のものだったとノボリ。

(残り 480文字/全文: 967文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ