【サッカー人気5位】戦い方はハマる相手。難攻不落のサークル…

「川崎フットボールアディクト」

インカレ準決勝と天皇杯決勝【えとーセトラ】

■12月18日 インカレ準決勝

来季加入の佐々木旭が出場するインカレの準決勝を取材。

第1試合は、その佐々木所属の流経大が阪南大と対戦した。試合は阪南大が71分に先制点を奪いながら、その直後の73分に流経大がPKで同点に。1−1のまま入った延長戦の95分に阪南大が決勝点をねじ込むという展開となった。

敗退した流経大、佐々木のプレーに関しては足元の技術の高さが見て取れた。相手がかけるプレスを落ち着いて切り返していなし、正確なパスで前方に展開して攻撃の起点になれていた。落ち着いたプレーぶりで、ボールを大事にするフロンターレのスタイルにはすぐに馴染めそうな印象を受けた。

(残り 1186文字/全文: 1467文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ