「川崎フットボールアディクト」

知念慶。光明とは言い切れないと、冷静にC大阪の後半を振り返る【コラム】

大敗したC大阪戦に光明を見出すとすれば後半のペースアップであろう、とは思っていたが、実際のところあの後半を戦った選手たちはどう感じていたのか。そのあたり知念慶に聞いてみた。

「難しいですよね。なんか、あのメンツでスタートからやってたらまたどうなのっていうのもあるけど。後半のあの展開だから、フレッシュなメンツで、ちょっと押し込めた部分もあったと思うので」

点差があり、またC大阪の選手たちはすでに45分間を戦っていたという背景があってのあの展開だ。手放しで喜べないと知念。ちなみに後半のスタートにフロンターレが意識していたのは、フレッシュな選手を最大限に活かし「前線からガンガン、裏に走ったり、前からプレスかけたりして、相手に圧力をかけてた」という戦いだった。

結果的にチャンスは作れたが「その時間帯に点取れなかった」ことが悔やまれると知念。また途中交代出場の小林悠と2トップを組んだ時間帯で上手く試合を作れなかったことを反省しつつ、とはいえ「まあ後半45分だけ見たらまあ割とアグレッシブにやれてた部分もあったかなと思います」と振り返っていた。

(残り 528文字/全文: 997文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ