「川崎フットボールアディクト」

脇坂泰斗「意外と一瞬しかなかったんですけど、冷静だったかなと」/ルヴァン杯準々決勝第1戦 vsC大阪【試合後コメント】

○脇坂泰斗
「天が前を向いた瞬間、スペースがあったのはわかってて。少し早めで受けようかなっていう予備動作をしてたんですけど。そこで顔を出し続けて、微調整しながら。その間に仕掛けてる感じもあったので。少し間接視野で相手を見ながら、左足に欲しかったんですけど、天のパスが右足に来たので。奥埜選手が少し間接視野に入ったので。そこをかわせば、という感じだったので。あとは練習通りにというか、自分の感覚を信じてターンして。あとは一瞬でいいところに置けたので。キーパー一瞬見れたので。ニアに、決めれました。意外と一瞬しかなかったんですけど、冷静だったかなと。浦和戦は力んで外してたところもあったので。その反省は絶対に持って行こうと思ってゲームに入ってたので。ああやって、きれいに決まってよかったです」

(残り 415文字/全文: 758文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ