「川崎フットボールアディクト」

谷口彰悟がエンドを入れ替えた理由【コラム】

谷口彰悟の勝利への執念が伺える判断だった。

谷口は、アウェイのルヴァン杯C大阪戦の試合前。コイントスでエンドを切り替える判断をしていた。谷口は通常、エンドを入れ替えるということをしておらず、気になっていた。

「エンドは入れ替えました」と切り出した谷口は、このルヴァン杯C大阪戦が、国内では久しぶりの声出し応援に指定されていたことを念頭に置いた判断だったと振り返る。

「僕らにとって久々の、声出し応援っていうところがあって。あのスタジアムの構造上、やっぱりホーム側の裏の方が距離的にも近いし。人数ももちろん多いだろうなっていうところと。ゴール裏のセレッソサポーターの応援の方がやっぱり響くし」

(残り 413文字/全文: 705文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ