【サッカー人気3位】山中亮輔が「自分が出て負けるのだけは嫌…

中野吉之伴フッスバルラボ

ベルント・シュトゥーバーのサッカー指導の見解とは? 「子どもたちが練習に興味を示さない?指導者が提供するものがつまらないからだ」

▼ 拙著に載せきれなかったインタビューを公開!!

現場を知る。その人を見る。現実と向き合う。その上で、将来のビジョンへのアプローチを模索する。理想という思いだけではダメ! でも、現場という習慣に固執するだけでもダメ!

その深い見識から導かれた示唆に富んだシュトゥーバーのすばらしい見解は、私の著書「サッカー年代別トレーニングの教科書」の冒頭にロングインタビューが掲載されているので、ぜひ読んでいただきたい。

実は、まだ著書で載せきれなかったものがあるので、今回ここで紹介したいと思う。シュトゥーバーさんの人間観、サッカー観、人生観を感じ取っていただけたら幸いだ。

質問要項:

-最初に出会う指導者の大切さ

-スマートフォンやSNSで現代の子どもは我慢強さや社会性を失っている?

-DFBでは親向けの講習会や情報発信をしている?

-成長していく子供に対して親として心がけることは?

-日本だと子どもに「わかった?」と聞くと、わからなくても「わかった」と答える子が多いのだが。

-日本だと講習会でインストラクターの言うことが絶対という風潮がまだあるというがなぜだろう?

※青地は中野の発言

サッカーを始めたばかりの子どもが最初に出会う指導者は非常に重要です。

シュトゥーバー「本当に、これは難しい問題だ、いい育成層の指導者に巡り会えるかというのは…。なぜなら、いわゆる普通の街・村クラブにはお金を支払う力がないからだ。そしてクラブ内で、どれだけ子どもたちの指導者が重要で、大切なのかの、正当な評価がなかなかされないからだ。

クラブ内でのやり方も統一されていないから、U19監督はU19のことしか考えられず、U15監督はU15のことだけになってしまう。どの指導者も大事だというが、そう言えるだけの評価がされているだろうか」

(残り 2146文字/全文: 2888文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック