【サッカーパック人気5位】 2019Jリーグキックオフカンファレンスでの一問一答~川崎の鬼木達監督

中野吉之伴「子どもと育つ」

2019年は家族で日本から。サッカーでも様々な仕掛け!【フリーコラム「吉之伴の日記」vol.2】

▼1月1日(祝)/2019年の幕開け!

あけましておめでとうございます。長岡風の雑煮を食べ、子どもたちはお年玉をもらって大喜び。再び奥さんの母方御実家に足を運び、新年のご挨拶。この日は長居せずに早めにお暇しました。今年もいいことたくさんありますように。

▼1月2日(祝)/おみくじは「末吉」

今日は初詣に。みんなでお参り。おみくじを引いた。私は「末吉」。悪くない、はず(笑)。長岡滞在も明日まで。荷造りをして早めに休んだ。

▼1月3日(祝)/関西で心の栄養補給!

朝早く起きて新潟空港へ。840分の便で大阪に飛ぶ。長岡のご実家の皆さんに見送りに来ていただいた。ありがたいこと。子どもたちの元気な姿を、また見せに来ます。10時には伊丹空港到着、梅田駅へ。池上さんや「ドイツ研修旅行」の関西若手指導者組とお昼ご飯。ねぎ焼きを食べ、食後に近くのカフェでデザートを。楽しい時間はあっという間に過ぎていく。15時ごろに分かれて私らは難波に移動。5年くらい前までフライブルクで仲良くしていたご家族と久しぶりの対面。おいしい串揚げ屋で食事をし、心斎橋からアメリカ村辺りをブラブラ。時間はたったけど、「友達でいられる」というのは素敵。

▼1月4日(金)/岐阜で講習会という話に

午前中はホテルでゆっくりし、12時頃の電車で名古屋へ。近鉄電車を利用。小さい頃はあれだけ電車大好きだった息子ズもすっかり忘れている。「おい、これがあのアーバンライナーだぞ」。14時、名古屋に到着。科学博物館へ向かう。ここでもフライブルク時代の友達と合流。いろんな実験を遊びながらあっという間に時間は過ぎる。夜は長男が特に仲良かったお子さんのいる家族へ子どもたちはお泊りへ。奥さんは友人と食事に行き、私は急遽「某高校サッカー部」の市川重明さんと名古屋駅前で飲むことに。部活や学校の話をしながら「来夏、岐阜で講習会をやる」という話に。こちらは快諾。またおもしろいことができそうだ。その後、奥さんと再合流。

 ▼1月5日(土)/名古屋城、素敵!

みんなで名古屋観光。友人がとても精巧な観光プランを作ってくれた。限られた時間ながら名古屋の名所を訪問。特に名古屋城の本丸は素晴らしかった。食べた何もかもがおいしかった。子どもらは最後まで名残惜しそう。「そうだよね。これが最後じゃなくて、また来れるようにがんばるね」。

▼1月6日(日)/次男、忘れ物する

東京へ戻る。次男が途中リュックサックを忘れてしまう。とりあえず忘れもの届を出して吉報を待つ。私の両親ともども、祖父母の墓参りに多磨霊園へ。子どもたちにとっては初めてのお墓参り。いろんなことを感じ取ってくれたらいいなと思う。墓前に手を合わせ、過ぎ去った日を思い起こす。

吉報が届く。

次男のリュックサックらしきものが出てきた、と。明日取りに行くことに。帰りに仙川の温泉に妹家族と一緒に。風呂上がりのビールのうまさを痛烈実感した。

 ▼1月7日(月)/厚木にてサッカークリニック

朝一で厚木に。9時から「依知ling FC」さんでサッカークリニック。うまい子だけがサッカーをするわけじゃない。サッカーとは、チームとは何か。子どもたちなりに感じ取ってくれたと思う。最後のゲームでその変化が見られたのがうれしかった。

(残り 2157文字/全文: 3499文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック