【サッカーパック人気4位】 【J2うぉっち】運命の終盤戦へ:J2優勝、自動昇格の行方を展望する

中野吉之伴「子どもと育つ」

妻の両親と一緒にスイスへ旅行に行ったので子どもが大喜び 6月1日~6月13日

6月1日(土)/フランスチームを招いての大会

この日はフランスの子ども2〜3人を預かり、14時まで一緒に過ごす。昨日の反省を生かして朝9時過ぎにつくバスでホッホドルフへ向かう。案の定、まだのんびりしていた。3人のフランスの子と挨拶をし、バス停へ。長男は学校でフランス語をやっているがまだ会話をできるほどではない。私にしてもまったくだ。そこでグーグル翻訳を最大限に活用することに。簡単な情報交換をしながら、とりあえずフライブルク市内にある大きな公園を目指す。

打ち解けようにも、まだ材料がお互いに少なすぎる。

公園に着いたら子どもらはみんな元気に遊び出した。しばらくしたらフランスの子らが私のところに来て、「カシカシ」「カシカシ」と口々に言う。頭の中が「???」となったのでグーグル翻訳に頼ると、「かくれんぼ」ということが発覚。なるほど、さすがワールドワイドな遊びだ。そこからはみんな一緒にかくれんぼをした。フランス語で話してドイツ語で答えているけど、なんとなく意思の疎通は取れているようだ。

一人の子が「ご飯は?」ということを聞いてきたので、自宅へ。宗教上、肉は食べないとのこと。「何かドイツっぽいの」と思い、南ドイツ風パスタ(この言い方にも語弊はあるけど)のケーゼシュペッツェレを作ることにした。私が台所で作っている間、子どもたちはWiiを始めた。マリオカートは偉大だ。これも共通言語だね。ケーゼシュペッツェレの出来は上々で、子どもたちも口々に「おいしい」と言ってくれたし、おかわりもしてくれた。うれしいね。

14時近くになったので、ホッホドルフに戻ることに。午後からはホッホドルフ、フランスチームのほかに近隣チームを招いてのサッカー大会が開催される。U10、U11それぞれ6チームでの総当たり戦。フランスチームは強かったし、勝負へのこだわりが何よりすごかった。サッカー、大好きなんだな。U10もU11も優勝はフランスチーム。勝利の歌はすばらしかった。

▼6月2日(日)/お手製餃子で幸せ!

久しぶりに家族でゆっくりできる日曜日。

誰かしら用事があるうちからすると珍しい。天気も良かったのでプールに行くことにした。ドイツのプールは泳ぐところだけではなく、基本的にどこもまわりにも芝生が広がり、そこでのんびりすることができる。日向ぼっこする人がいれば、外れの方にあるゴールでサッカーをする子らもいる。ビーチボールコートや卓球台もある。私は少し一人で読書させてもらい、その後は子どもらとプールではしゃいだ。

帰り道においしいアイスを食べて、みんな満足。そして、家ではお手製餃子。フランス語の宿題がある長男は部屋にこもり、この日は次男が包むのをたくさん手伝ってくれた。おいしい餃子ができた。いっぱい作ってもすぐになくなってしまう。お腹いっぱいおいしいものを食べられるのは幸せだ。

▼6月3日(月)/どうも風邪のようだ…

WEBマガジンの「日記原稿」を送る。4月下旬から5月上旬までをアップした。どうも朝から頭が重い。急に熱くなったので疲れているんだろうか。この日は早めに休もう…。

(残り 3524文字/全文: 4802文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック