【サッカー人気4位】【嶋コラム】阿部要門の背中を押した山形…

中野吉之伴「子どもと育つ」

【動画】グラスルーツの問題を認知した上で、子供たちが生涯サッカーを楽しみたいと思ってもらえるために、今私たちにできることはなんだろう?

▼ 恵比寿でのワークショップより質疑応答動画を公開

1月9日(木)に恵比寿で「グラスルーツ問題を考えよう」というワークショップを行った。お集まりいただいた30人の参加者に5グループに分かれていただき、それぞれこちらからの質問や問いかけにグループディスカッションをしてもらう。講習会というと講師の話を聞いて、「ハイおしまい!」という形もあるし、それにはそれの良さがあるが、個人的にはこうした自分の意見を口にして、ほかの意見を聞いて、それを反芻してまた考えてという時間を持つことが重要だし、結果としてそれぞれのために立つと思っている。

よく言われることだが、話を聞くだけでは頭の中に10%くらいしか情報は残らない。聞いたことを整理して話す、それに対するほかの話を聞く、また整理して言葉にしていくというプロセスを重ねることで、その言葉はただの文字列以上の意味を持つようになるのだ。だからこそこのワークショップもそうだし、1月の一時帰国時には多くの場所でグループディスカッションの時間を持つようにした。ただ、その方がいいとわかっていても、実際にそれがうまくいくかどうかはわからない。参加者が興味を示さなかったらおしまいだからだ。

聞くだけで、参加するだけでも価値がある。少なくとも腰をあげてそこまでくるというのはそれだけで十分に評価されるべきことだから。でも、せっかくだから、もっと前のめりになってもらいたいし、そのためのきっかけになってほしいと思っている。ただ質問を丸投げするのではなく、まず最初に3つのルールをこちらからお伝えすることにしている。

1.どんな意見も正しい意見として受け入れよう

2.わからないという答えも正しい答えだと認めよう

3.そのなかで自分が正しいと思う答えを「なんで?」と掘り下げて考えてみよう

1つ目と2つ目は以前イベントでご一緒させていただいた質問メンタリストの藤代圭一さんからアイディアを拝借した。やはり私たちはどこかで人前で意見をするのが苦手だ。学校生活でも、一般社会においても意見すべき場に立つ機会自体が少ない。スムーズに物事を進行する、させることへ優先権がゆだねられ、基本的には模範解答だけが求められる。「生徒の、部下の意見を聞いてみよう」と、表向きオープンな態度を見せようとする教師や上司からの質問には、すでに答えが準備されていて、それを答えられるか、否かで、その人が気に入られるかどうかが決まっていきがちだ。だから、間違ったことを口にする、いまその場にそぐわないことを意見するというのは、多くの確率で「空気を読まない」という評価一辺倒にさらされ、自然と余計なことは言わないで飲み込むというのが、社会的常識みたいになっていく。

まったく、変なコミニュケーションだ。

変なんだけど、浸透度はすごい。そしてそうした習慣の中で生活する時間が長くなればなるほど、その枠の中での価値観だけが真実になりがちだ。「最近の子どもはコミニュケーション能力が・・・」みたいな話はいつの時代も出てきたりしているが、そもそも子どもたちだけではなく、むしろ大人のほうがそうなのだ。自分の意見、解釈、立ち位置をしっかりと自分の言葉と表現で伝えることができる大人が今どれくらいいるのだろうか?

「うちの子どもたちは自主性があんまり・・・」みたいなことを言ってくる指導者の方と結構な確率で出会ったりするが、実際に講習会や講演会などで「質問は?ご意見は?」という時間になってもそうした指導者の方は手を挙げない。いや、挙げないのではなく、挙がらない。それは、多くはそもそも質問を考えたりしていないからだ。話を疑問に思ったり、深掘りして考えるということが日常生活の中であまりなければ、どれだけ話を聞いたところで、質問は出てこない。反論も出てこない。だから出てくる質問は普段から思っているものばかりだったりする。でも、その場の話の流れからすっと疑問や指摘がなかなか生まれてこないというのを、「日本的」という言葉だけで片付けていいのだろうか。そうではないはずなのだ。

こういう話をしていると、「私は自分の意見をまっすぐ口にしますよ!」と胸を張る御仁が出てくる。でも実際にその場に出くわして観察していると、意見を口にするというよりも、ただ自分の言いたいことを強調し続けているばかりだったりする。意見を口にするということは、相手の意見を聞き入れて、ちゃんと解釈をするということもセットでなければならない。それがないとそもそもディスカッションなんてできないからだ。

ただ自分の思っていることを言い合うだけでは何の解決にもならない。それではただの遠吠え合戦だ。ただ声がでかくて、吠え続けてられる方が勝つ。それだったら腕相撲ででも勝敗を決した方がよっぽどすっきりする。

だからこそ先に挙げた3つのルールは、そうならないための、互いに尊重し合いながらディスカッションをするための、大事なキーワードとして必要なのだ。自分の意見以外は正しくないのではない。相手が口にすることも正しいものとして受け入れて考える。その主張や考え方がわからないこと、納得いかないこともある。でもそれはそれで悪いというわけではない。ではなぜわからないのか、納得いかないのかを伝えてみる。そして、自分が正しいという考えを、なぜ正しいのか、逆に言うとなぜ間違っていないのかを掘り下げてみる。そうした作業をしていると、思っているほど自分の主張というのは頑強な意見ではないことがわかってくる。自分の論理は完ぺきと多くの人が思っているが、実は自分の前に板一枚置いたくらいの守備陣形でしかなかったりする。

自分が何をわかっていないのかを分かることはとても、とても大切なことだ。もちろん、なかなか受け入れがたいだろう。でも、それを受け止めないと、自分がわかっていることさえも、それだけでは薄っぺらなことだというのに気づけない。多くの人が、多くの意見と、多くの視点と、多くの解釈を持っている。それに触れあうことで、新しい世界の扉を開けられると考える方が、将来に向けてどれだけのプラスになることだろう。

年齢は関係ない。まっすぐに向き合おうとする精神さえあれば、若かろうと、お年を召していようと、人はいつだって変わっていくことができるのだから。

(残り 532文字/全文: 3105文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック