J論J2チャンネル、スタート!!

「ゼルビアTimes」郡司聡

【コラム】J2第16節・徳島ヴォルティス戦/リーグ最少失点タイ。徳島戦で顕在化した堅守の理由

■明治安田生命J2リーグ第16節・6月4日(土)16:00キックオフ
町田市立陸上競技場/4,021人
FC町田ゼルビア 1-0 徳島ヴォルティス
【得点者】町田/45+4分 鈴木孝司(PK)

▼象徴的なワンシーン

67分だった。FC町田ゼルビアの左サイドから広瀬陸斗の鋭いクロスボールが入る。「攻撃のパワーアップ」(徳島ヴォルティス・長島裕明監督)を図っていた徳島は、そのクロスボールに途中出場の長谷川悠が飛び込んだ。その瞬間、危機を察知した右SBの土岐田洸平が中央に絞り、ヘディングでクリア。長谷川に決定的なシュートを打たせなかった。

(残り 1292文字/全文: 1553文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック