【サッカー人気2位】鈴木喜丈は水戸で活躍するのか? フリー…

「ゼルビアTimes」郡司聡

【マッチレビュー】J2第28節・徳島ヴォルティス戦/妥当なドロー。半歩前進の勝ち点1

■明治安田生命J2リーグ第29節・8月11日(木・祝)19:00キックオフ
鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム/3,703人
徳島ヴォルティス 1-1 FC町田ゼルビア
【得点者】町田/11分 中村祐也 徳島/32分 渡大生

▼先発メンバーのテコ入れ

“J3卒業生対決”となった前節・レノファ山口戦は、2-0からの逆転負けとショッキングな敗戦だった。次節、敵地での徳島ヴォルティス戦までの準備期間はわずかに3日。FC町田ゼルビアの指揮官・相馬直樹監督は、連戦であることとショッキングな敗戦の次の試合であることを鑑みて、数人の先発メンバー変更というテコ入れを施した。

(残り 2111文字/全文: 2390文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック