【サッカー人気4位】最後のミーティングを終えると、選手個々…

「ゼルビアTimes」郡司聡

【マッチレビュー】天皇杯全日本選手権2回戦・大分トリニータ戦/大分相手の力負け。複雑に絡み合った失点の遠因とは?(選手寸評付)

■天皇杯全日本選手権2回戦・6月21日(水)19:00キックオフ
町田市立陸上競技場/931人
FC町田ゼルビア 2-4 大分トリニータ
【得点者】町田/37分 オウンゴール、73分 戸高弘貴 大分/16分 坂井大将、42分 伊佐耕平、71分 伊佐耕平、90+4分 姫野宥弥

▼主導権を掌握した立ち上がり

ミッドウィークに組み込まれた天皇杯全日本選手権2回戦・大分トリニータ戦は、過去の相馬体制と同様に普段はリーグ戦で出場機会の少ない選手たち中心のメンバー編成で試合に臨んだ。

(残り 3298文字/全文: 3522文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ