「ゼルビアTimes」郡司聡

元J1チームを押し込むも、勝ち切れず。突き付けられた難題【アルビレックス新潟戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第20節・6月24日(日)18:00キックオフ
町田市立陸上競技場/5,009人
FC町田ゼルビア 0-0 アルビレックス新潟

▼“町田仕様”の[4-1-4-1]

リーグ戦での初対決となったFC町田ゼルビア町田戦で、アルビレックス新潟はオプションのシステムである[4-1-4-1]を採用。この布陣変更は、柳育崇をアンカーに配し、ターレスを1トップに置く“町田仕様”のシステムだった。システム変更の意図を鈴木政一監督はこう話している。

(残り 1871文字/全文: 2093文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ