【サッカー人気3位】「たまたま4試合を預かった立場。結果も…

「ゼルビアTimes」郡司聡

J1最多タイトルホルダーとの真っ向勝負が教えてくれたこと【天皇杯全日本選手権・鹿島アントラーズ戦/マッチレビュー】

■天皇杯全日本選手権3回戦・7月11日(水)18:30キックオフ
町田市立陸上競技場/5,589人
鹿島アントラーズ 5-1 FC町田ゼルビア
【得点者】鹿島/10分 西大伍、20分 鈴木優磨、61分 オウンゴール、64分 鈴木優磨、81分 遠藤康 町田/75分 戸高弘貴

▼唯一無二のプラン

J1最多のタイトルホルダーに真っ向勝負を挑むーー。昨季までチーム主将を務めた李漢宰は「引いて守ることは、今のウチには未来がない話」とまで言い切っていた。

(残り 2248文字/全文: 2457文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ