【サッカー人気1位】M&Aのプロフェッショナルが…

「ゼルビアTimes」郡司聡

相馬直樹監督が退任。色褪せることがない“功労者”としての実績【上の原便り】

今季初の逆転勝利により、“不屈のゼルビア”を印象付けた最終節・モンテディオ山形戦から3日後。クラブから11月27日に相馬直樹監督の退任が発表された。

▼後任の“方向性”は?

相馬直樹監督が、町田を指揮して通年7シーズン。2012年にJ2から下部リーグへ降格したクラブを第二次体制発足の14年から2シーズンでJ2に復帰させ、今季まで4シーズン、J2定着の足がかりを構築した“功労者”が、町田を去ることになった。

(残り 1036文字/全文: 1238文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック