【サッカー人気1位】【聖籠ノート】~信頼回復に向けて~

「ゼルビアTimes」郡司聡

「時計の針の進め方に成長の跡」と指揮官。選手たちの実感は?【ジェフユナイテッド千葉戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第27節
10月17日(土)15:00キックオフ
フクダ電子アリーナ/1,758人
ジェフユナイテッド千葉 0−0 FC町田ゼルビア

▼ピッチ上で解決した問題点

開始3分だった。相手GK新井章太のフィードをジョン・チュングンと深津康太が頭で弾こうとするが、二人が重なるようになったことで山下敬大に良い形で対応できず、山下の落としが船山貴之にわたる。そして船山の進撃を追い越した為田大貴につながれると、為田のクロスに入ってきたのが矢田旭。千葉の背番号20にタイミングよくゴール前に飛び込まれたものの、ヒールシュートはヒットせず。町田としては開始早々に肝を冷やす場面を作られた。

(残り 3414文字/全文: 3706文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック