【サッカー人気4位】鈴木彩艶「自分のミスから失点がうまれて…

「ゼルビアTimes」郡司聡

栃木プレスの渦に呑み込まれた“天皇杯チーム”。彼らが真正面から向き合ったテーマとは(出場全選手寸評付)【天皇杯全日本選手権・栃木SC戦/マッチレビュー】

ミッドウィークに臨んだ天皇杯全日本選手権2回戦・栃木SC戦。町田での公式戦初先発となったンダウ・ターラや茂木秀を先発メンバーに含んだフレッシュな陣容で挑んだ一戦は、0−2での敗戦だった。後半には高卒ルーキー・奈良坂巧も公式戦初出場を果たした栃木戦のマッチレビューは、出場全選手の寸評付きで掲載する。

■天皇杯全日本選手権2回戦
6月9日(水)19:00キックオフ
栃木県グリーンスタジアム/837人
栃木SC 2−0 FC町田ゼルビア
【得点者】栃木/15分 松岡瑠夢、36分 松岡瑠夢

▼栃木らしさを食らった2失点

“噛み合わせの妙”は、結果的に町田に味方しなかった。

(残り 5362文字/全文: 5636文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3 4
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ