【サッカー人気4位】沖縄キャンプ10日目【写真ギャラリー】

「ゼルビアTimes」郡司聡

変化の象徴は安井拓也の2列目起用。ボールを握る方針に重点を置いた“ラボ”の成果は?【FC琉球戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第36節
10月30日(土)18:30キックオフ
タピック県総ひやごんスタジアム/2,313人
FC琉球 0-0 FC町田ゼルビア

▼プレス強度に多少目を瞑っても…

アウェイでのFC琉球戦へ臨むにあたり、指揮官は攻撃陣の再編を選択。前節の栃木SC戦から代わったメンバーはドゥドゥ、長谷川アーリアジャスール、そして安井拓也の3選手だ。このメンバー編成から透けて見える狙いは、よりボールを握る方針に舵を切ったということ。ランコ・ポポヴィッチ監督が先発起用に関する意図をこう話す。

(残り 3675文字/全文: 3917文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ