「ゼルビアTimes」郡司聡

下坂晃城選手(ブラウブリッツ秋田)/今季初出場が古巣戦に。二人の絆を物語る試合直前のワンシーン【連載・元町田戦士の現在地38/コラム】

■明治安田生命J2リーグ第18節
5月29日(日)14:00キックオフ
町田GIONスタジアム/3,213人
FC町田ゼルビア 2−0 ブラウブリッツ秋田
【得点者】町田/29分 鄭大世(PK)、45+1分 ドゥドゥ

試合直前の町田ベンチ前で。ブラドー・ヘッドコーチもこの笑顔

▼「想像はしていましたが…」

その様子は、およそ、試合開始直前の光景とは思えないほどだった。

前節のブラウブリッツ秋田戦。キックオフ前、秋田の下坂晃城が町田側のベンチ前に駆け寄り、ランコ・ポポヴィッチ監督の下へ向かうと、下坂はこれ以上ない歓待を受けた。

(残り 1209文字/全文: 1462文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ