長崎サッカーマガジン「ViSta」

【コラム】ルヴァン杯敗退の影響 第1回(全2回)

16日、V・ファーレン長崎は湘南ベルマーレに0-2で敗れ、グループステージ2勝1分け3敗で初挑戦となるJリーグYBCルヴァンカップを終えた。惜しくもグループリーグ突破はならなかったが、初挑戦の中では成績面で健闘し、故障から復帰する選手や若手選手の実戦場として「ルヴァン経由、リーグ戦出場」という流れを作ったという意味でも、チームにプラスを与えてくれた大会だったと思う。だが、今季のルヴァン杯が終わった影響は、これからのチームに大なり小なり出てくることになる。特に大きな影響となりそうなのが選手数だ。

(残り 743文字/全文: 992文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ