【サッカーパック人気2位】 「勝つことと、面白いサッカーをやるということ。それを両立できる監督はJ…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

手倉森誠監督「今日やられてしまったことの挽回力、リバウンドメンタリティを示さないといけない」【YBCルヴァン杯P.O第1戦:長崎vsG大阪】試合後の記者会見コメント全文

手倉森誠監督(V・ファーレン長崎)試合後コメント

前半、ガンバの攻撃をしのぎながら0-1で折り返すまでは、しぶとくやれていたし、相手の守備に適応してチャンスが作れていた。試合前に一進一退の状況を作ろうと話していたんだけど、2失点してガンバを楽にしてしまったなと。途中DFの選手を交代してシステムを変えて、あまりイケイケの状態にならないようにしたんですが、代表でも一緒にやった倉田(秋)や今野(泰幸)が変わり際を察知してポジションを変えてきたのはさすがだなと。そういった部分を発揮されての4失点は、我々にとって課題になる4失点だった。でももう1回、ガンバと対戦できるという意味では楽しみがある。ホームでの勝利を期待したサポーターには申し訳ないが、我々が高めないといけない部分はまだまだある。ここからのリーグ戦で借りを返すような試合をして、評価を上げていきたい。ただ4-0からの1得点はやってきたことの証の1点だと思う。アウェイで勝つのは厳しいが、そこを目指してガンバに借りを返しにいきたい。

(残り 478文字/全文: 921文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック