監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

長崎サッカーマガジン「ViSta」

「先手を取って、終盤に仕留めて逃げ切る流れを想定していた。ファウルをしっかり取ってくれなければ、相手に流れが行く。あれは完璧にPKだと思う」【J2第27節:琉球vs長崎】 手倉森誠監督記者会見コメント全文


●手倉森誠監督(V・ファーレン長崎)試合後コメント
「お互い連敗同士という状況でタフなゲームだったと思います。我々が先手、先手取っていって、それこそ琉球が見せたような勝ち方が我々の中に(プランとして)あった。先手を取って同点に追いつかれたとしても、終盤に仕留めて逃げ切るというゲームの流れを想定していた。だが最後のジャッジ。あれは完璧にPKだと思う。笛が鳴らなければファウルじゃないと言う人もいるかもしれないが、あれをPKに取らないようじゃJリーグのサッカーは良くなっていかないのではないかと思う」

(残り 233文字/全文: 481文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック