再現性の低いサッカーに未来はないのか?風間グランパスとポステコ・マリノスで分かれた明暗(J論)

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【トピックス】V・長崎、髙田明社長退任記者会見レポート

15日、諫早市のなごみクラブハウスで、V・ファーレン長崎の髙田明 代表取締役社長が退任記者会見を行った。

県内外から大勢のマスコミが集まった会見は、午前10:30から開始。髙田明社長は退任の理由について「2017年にV・ファーレン長崎の社長になったときが68歳くらいで、最初から5年、10年と社長をやる意思はありませんでした。でも自立できるクラブにしなければいけないと思ってきて、それが二年半過ぎ、何とかやっていけるところまで来たんじゃないかなと考えて、次の世代にバトンタッチする決断をしました」と退任理由を説明。

(残り 1074文字/全文: 1329文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック