【サッカー人気2位】勝つなら殴り合いに持ち込むこと、それ以…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

手倉森誠監督「早い失点でプランが崩れてしまったことで、テンポを崩してしまった。ここまで勝ってきたけれど、まだ不十分だったと気付かされた試合。自分らで招いた敗戦」【J2第10節:徳島vs長崎】試合後コメント

○手倉森誠監督(V・ファーレン長崎)試合後コメント

*質問文末の()内は質問媒体名

(総評)
試合の入りで早々に失点。その後、先制して守備に重きを置いた徳島を相手にボールを握り返せたんですが、ゴールへの鋭さを欠いたまま後半に入って、(同点に)追いついて、引っ繰り返す機会を自分たちで逃してしまった。後半も立ち上がりに失点して、点差が開いてよりパワーが必要になる中で、パワーの出し方がチグハグになって3失点目をして勝点3を相手に渡す戦いになってしまった。今季初の負け。これを糧にして、次の試合では、挽回した姿を取り戻さなければいけない。リバウンドメンタリティを出せなきければならないのが、次のホームゲーム。立て直した姿を見せたい。

(残り 1041文字/全文: 1352文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック