【サッカー人気5位】東京2020選手選考 北村菜々美選手は…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

松田浩監督「チーム全員が同じ絵を描けていると、相手にとって難しいプレーが出せる。プレーモデルを具現化するためのトレーニングとイメージの作業をおこなった」【J2第14節:千葉戦直前コメント】

○松田浩監督

--トレーニングについて、北九州戦終了後、とくに力を入れた部分を聞かせてください。(長崎新聞)

今は、通常ならキャンプでやるような、プレーモデルのプレゼンをしているところです。この1週間は、そのプレーモデルを具現化するために必要なトレーニングと、プレーモデルをイメージしてもらうための映像を使っての作業を行いました、

--前節の攻撃と守備について、どんなふうに感じているか、あらためて聞かせてください。(長崎新聞)

北九州戦までとにかく時間がなかったので、最初にやったのは、相手がビルドアップする局面の守備をどうオーガナイズするかということでした。高い位置から(守備に)いくとか、低い位置からいくとかは、ブロックが高いか低いかだけの話なので、大枠さえオーガナイズできれば対応できると思いました。あとは、逆に中盤のビルドアップをどうするかという部分で、この2つをやらないと、試合が始められないと思って急いでやりました。

(残り 3410文字/全文: 3821文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ