【サッカー人気5位】【名古屋vs鹿島】レビュー:“ウノゼロ…

ニイガタフットボールプレス

【聖籠ノート】「このまま終われば、何もしていなかったのと同じ」~新井直人選手の現在地~

■出番に備えた大宮戦

――今日の練習試合(〇3-1新潟医療福祉大)、前半は右サイドバック、後半はボランチでプレーしましたが、自分のプレーについては?

「前半はなかなかボールが回らない状況で、あまり前に顔を出せませんでした。個人としてもチームとしても、淡泊なまま終わった45分でした。

プレーしていて、なかなかチーム全員でイメージをつくれなかったところがあります。(渡邊)凌磨とは、普段の練習からイメージを共有しやすいので、なんとかそこでボールをつなごうとしていたんですけど。

サイドバックであっても、もっとポゼッションに関わらないといけない。前半最後の方は、少しはできましたが」

――今、チームが試合でやっているサッカーを考えても、ポゼッションがカギになりますね。出番を得るためには、なおさらのこと。

「そうですね。そこは一つ、大事なところだと思っています」

(残り 2183文字/全文: 2557文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック