【サッカー人気4位】【ドイツ便り】サンフレッチェ広島新監督…

ニイガタフットボールプレス

【試合後コメント】~プレナスなでしこリーグ1部第14節・ノジマステラ神奈川相模原戦~

■プレナスなでしこ1部第14節/〇1-0ノジマ
■キックオフ/10月11日(日)13:00キックオフ
■場所/十日町市当間多目的グラウンドクロアチアピッチ

【得点者】〈新潟L〉14 北川ひかる(53分)、〈ノジマ〉なし

中村楓選手コメント

「3回目の長期離脱だったが、経験、年齢を積んだ分、自分を保って復帰に取り組めた」

――本当に久々の出場となりました。復帰するまでのこの期間、コンディションをどのように取り戻し、高めていきましたか?

「長期離脱が3回目で、自分としてはコンディションの上げ方を、ある程度、つかんでいたというのはあります。前回の離脱に比べると、うまくできたと思います。

ひざのけがだったので、ひざ周りの筋肉をつけることを意識しました。日ごろからしっかり刺激を入れる(鍛える)ということもそうですし、サッカーの動きの部分で日々の練習をしながら、『今日はこれが課題だったな』というところを修正していくことも、しっかりやってきました」

――体との付き合い方もありますが、メンタル面で自分との戦いでもあったのでは。

「3回目ということもあって、経験も年齢も積んでいるので、そういう部分では若いときより、しっかりと自分を保つことができました。周りを気にして影響を受けずにやることはできていたし、自分にとってプラスになることに、どんどん取り組んでいけました」

――今回、復帰して、改めて今年のチームをどう引っ張っていきたいと感じましたか?

「90分を通して、集中を切らさずにプレーし続けるところですね。自分は最終ラインのポジションでもあるので、そこはチーム全体に声掛けをしていきたいですし、後はもっと若い選手たちに、それぞれが自分らしいプレーをしてほしい。そういう部分での声掛けもしていきたいと思います」

(残り 1671文字/全文: 2413文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ