J2昇格&残留争いはどうなる?LIVE(J論)

ニイガタフットボールプレス

【頼もう、感想戦!feat.成岡翔】~明治安田J2第26節・相模原戦vol.4~「攻撃の新たな可能性が見えた試合でした」

リーグ再開後の初勝利を挙げた第26節・相模原戦を、成岡翔さんと語り尽くします。逆転で勝点3を積み上げたこの試合。戦いの細部にめをこらすと、新潟の攻撃サッカーがさらに進化する予感がどんどん膨らみます!!

■点を決めるところに入っていく

――相模原戦で、ここから新潟がさらにバージョンアップする可能性を感じられたのは、「2トップ化」する攻撃が非常に機能していたからです。髙澤優也選手が1トップに入り、左サイドハーフの谷口海斗選手が状況に応じてポジションを上げて2トップになりましたが、夏に新加入して初先発だった髙澤選手のプレーを、どう見ましたか?

「壁に入ったとき、舞行龍選手と同じくらいだったので、『けっこう身長があるんだな』と思ったんですが、裏に走るスピードもありますよね。相模原戦での戦い方が、ここから新潟のベースになるのかは分かりませんが、この試合に関しては左の谷口海斗選手、右の星雄次選手、藤原奏哉選手とともに、裏に抜けるプレーがかなり効果的でした。

鈴木孝司選手はゴール前でどっしり構えて、ぎりぎりのところで駆け引きするスタイルで、僕もすごく好きなタイプのFWですけど、この相模原戦では、例えば髙澤選手がスーッと右に抜けていく動きをするのと同時に、中の空いたところに谷口選手がすかさず入ってくる。その関係性がとても良かったですね」

(残り 1768文字/全文: 2361文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ