nines WEB

【高校】夏の甲子園中止で長野も独自大会開催へ

夏の甲子園中止を受け、長野県高野連は5月29日、独自の大会を開く方向で準備していくと発表した。硬式、軟式とも7月18日の開幕を目指す。
開催の前提条件は新型コロナウイルス感染症の拡大の危険性が高まらないことと、平常の学校生活が送られていることの2点。記者会見で西條浩章会長は「これが確保されたところで硬式、軟式ともに開催に向けて準備を進めていくことを理事会で確認した」と述べた。開幕予定は、硬式、軟式とも7月18日。硬式は本来は4日の開幕予定だったが、学校や部活動の再開状況などを考慮して遅らせた。
開催方式について、西條会長は「春、秋のような地区大会の形式が妥当ではないか」と言うのにとどめた。地区代表が県大会に進んだり、県チャンピオンを決めたりするなど踏み込んだ内容には触れなかった。
新たな球場確保もネックになっているが、西條会長によると、少しずつ確保できている球場は増えているという。西條会長は「なるべく多くの試合ができるように、上積みしていきたい」と述べた。
独自の大会だが公式戦の扱いになる。また無観客が基本で部員は入場できるが、保護者は検討段階。開会式は行わず、試合は基本週末に開催する。西條会長は「部員の思い出づくりではなく、真剣勝負の機会をなるべく多くつくりたい」と選手にメッセージを送った。


記者会見する県高野連の西條会長(左)と依田専務理事

記者会見の模様は動画で見られます ↓

(残り 89文字/全文: 682文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック