nines WEB

【コラム】2020年を振り返る(中) 高校野球秋季大会

新型コロナ第2波の余波で、代替大会同様に制約がある中で行われた秋季大会。不安要素が多い中、上田西が北信越大会で準優勝し、初のセンバツ甲子園に大きく前進した。選抜されれば、県勢として2015年以来6年ぶりのセンバツとなる。

↑ 北信越準決勝で星稜を破り校歌演奏を聴く上田西ナイン

今年の秋季大会は当初、8月に行っていた予備戦をなくし、その分、地区代表8チーム、計32チームに県大会を拡大して行う予定だった。
しかしコロナの感染拡大防止で地区代表4チーム、計16チームによる県大会となった。

夏季大会の開幕が7月18日だったため、各校とも新チームの始動が例年より遅れた。有力私立校は代替大会を3年生中心で臨んだため、春季に続き夏の公式戦も経験できなかった下級生の実戦不足が懸念された。

また、体力をつけるべき1,2年が4、5月に個人練習にとどまり、十分にトレーニングを積めなかったり、県外との行き来が制限され有力校との手合わせができなかったり、マイナス要因が多い中で、秋季大会を迎えた。

こうした中で、群を抜いた存在だったのが上田西だ。県大会決勝こそ、佐久長聖に9-16で敗れたが20安打放っている。北信越4試合を含め、予選から全試合で二けた安打と、どんな投手でも対応できる打力が光った。

また試合によっては失点の多いゲームもあったが、要所でのエース山口謙作の粘投は見事だった。1年春から公式戦経験のある実戦向きの左腕だが、1学年上の絶対エース阿部巧雅
の控えに甘んじていた。

しかし阿部が抜けたこの秋は一人立ち。センバツが懸かった北信越準決勝、星稜戦は、気迫のこもった投球で回を追うごとに球威が増したかのような勢いで逆転劇を呼び込んだ。

上田西はこの秋で3年連続で北信越に進んでおり、ベスト4、2回戦、そして準優勝の結果を残してきた。この秋の主力では4人が昨秋のスタメンに名を連ね、そのほかにも山口や4番杉浦琉生らも出場するなど経験者が多い。こうしたチーム、個人としての経験値や、北信越でも「手ごわい」と名前が売れた存在になったことも、決勝進出の後押ししたに違いない。

↑ 星稜戦のスコアボード。飛鳥井の2本塁打4打点が効いた

昨年12月にコーチから昇格した吉﨑琢朗監督にとっては、甲子園に直結する初めての大会で早速結果を残した。先を見据えたチームづくり、適格な選手起用、そして大一番での落ち着いた采配で、センバツ当確圏に導いた。

佐久長聖は、県大会決勝で上田西を破って優勝。球速120㌔前後の左腕・出口拓弥が台頭し投手陣の軸となると、これまで公式戦経験のなかった2年生野手が打力をつけて援護した。

↑ 上田西を破り県大会を制した佐久長聖

代替大会はオール3年生で臨んだため、秋はより経験を積ませようと例年になくレギュラー陣を固定して起用。試合を重ねるごとに落ち着いた試合運びができるようになった。

北信越では2回戦で序盤に主導権を握ったかに見えたが、終盤に逆転を許し敗退。あらためて投手層の薄さ、打撃の弱さを露呈する形になってしまった。

東京都市大塩尻は、1年生投手の奮投もあり県3位に入り、北信越に進んだ。中信決勝、県3位決定戦で松商学園に連勝し実力を示した。代替大会で下級生では唯一ベンチ入りした捕手の松田盛健主将が攻守でチームをけん引。1年生2投手もよく放り、中軸がきっちり仕事をした。今季加入の佐久間和人部長の指導もあり、夏の4強に続き底上げが進んでいる。

↑ 北信越2回戦、星稜戦で先制した都市大

県4強の松商学園は、同地区の都市大に2連敗したのは痛かった。特に野手には非常にポテンシャルの高い選手がいるだけに、投手陣がもう一段階でも上がってくると面白い。

このほか、飯田OIDE長姫が学校統合後、初めて県大会に進み初戦も突破。エース松下秀の好投が光った。21世紀枠県推薦校になった更級農は、夏に続いて16強と、上位争いに絡める位置につけてきた。

昨年までの地区6チームから4チームに代表が減ったことで、地区敗退となった県常連の有力校も少なくなかった。北信では長野商、中信では松本第一、松本深志、松本国際などが予選で姿を消し、有力視されたシード岡谷南は出場辞退となった。

部員不足から連合チームを編成する動きも顕著だった。4地区の17校が5つの連合チームが組んで出場。南信では、連合チーム同士の対戦も実現した。

コロナの影響が依然として深刻な中、上田西の躍進は来季に向けて非情に明るい話題になりそうだ。
一方で、140㌔前後の球速でガンガン押してくる豪腕は県内ではほとんど見かけなかった。打者にしても一振りで決める雰囲気を持ったスラッガータイプは皆無。シーズン序盤にコロナで十分にトレーニングできなかった分をこの冬、ばん回してまずは個の能力を引き上げてほしい。

【北信越出場3校エースの投球】

★有料会員限定動画あり★

(残り 18文字/全文: 2002文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ