nines WEB

【高校軟式】長野大会 決勝 岡谷工と松商学園がブロックVで北信越へ 7月24日

第66回全国高校軟式野球選手権長野大会(松本市四賀球場)

北信越大会出場2枠を懸けて、A、B両ブロックで決勝戦を行い、岡谷工と松商学園がそれぞれ優勝した。両校は、新潟代表、富山代表の4校で7月31日、8月1日に同球場で行う北信越大会に出場する。優勝校が全国大会に出場する。

▽Aブロック決勝
上田西
101001000 3
00103000X 4
岡谷工
上)龍野、下村、太田―千野
岡)加々美、伊東―中村
三=中村(岡)
二=松澤、竹倉(上)

【評】1点を追う岡谷工は5回、押し出し死球や敵失などで3点を奪い逆転。岡工は4回からリリーフしたエース伊東が上田西の反撃を1点に抑え、4-3で逃げ切った。

↓ Aブロック優勝を決めた岡谷工

▽Bブロック決勝
松商学園
900002 11
000000 0
長野工 (6回C)
松)味澤、下川、成澤、堀内、織田―織田、高橋弘
長)原山、服部―服部、関
三=山崎(松)
二=山崎、高橋瞭、堀内(松)

【評】松商は初回、5四死球に5安打を集中させ9点を先取。5人の投手リレーで無失点で6回コールド勝ちした。

↓ 1回、松商は3番織田の適時打で先制

▼レポート&フォトギャラリー▼
(有料会員限定)

(残り 805文字/全文: 1291文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ