犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

【レビュー】J2第20節千葉1●2北九州@フクアリ-「入り方の悪さが尾を引く」(文・西部謙司)

#jefunited #ジェフ千葉 #JLEAGUE #Jリーグ #giravanz #ギラヴァンツ北九州

明治安田生命J2リーグ 第20節
ジェフユナイテッド市原・千葉 1●2 ギラヴァンツ北九州
http://www.jefunited.co.jp/top/matches/2016/0626/result/

●ホーム初黒星
連続無敗は10試合目でストップ、さらにホーム初黒星。アランダがウオーミングアップで負傷、近藤直也もわずか2分で負傷退場。とにかく試合の入り方が悪すぎました。アランダは試合前ですからともかくとして、センターバック(CB)が2分で交代では落ち着きません。

北九州に主導権を握られ、15分ぐらいでようやく落ち着いてきたかと思ったら25分に失点。後半にも追加点を食らって0-2となります。エウトンのヘディングで1点を返しただけに終わりました。ほとんど試合が始まる前に2人が負傷というのは、コンディショニングに不安を覚えますな。

●入り方の悪さが尾を引く
近藤の負傷で急きょ、大久保裕樹がCBに入りました。ボランチは山本真希、富澤清太郎でスタートしましたが、こちらもすぐに山本が右サイドハーフ(SH)へ、長澤和輝がボランチに入れ替わりました。

千葉 先発フォーメーション

エウトン
船山貴之 町田也真人 長澤和輝
→山本真希
富澤清太郎 山本真希
→長澤和輝
阿部翔平 近藤直也
大久保裕樹
イジュヨン 多々良敦斗
佐藤優也

(残り 1304文字/全文: 1895文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック