犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

アイデアと足を止めないこと【#明治安田生命J2リーグ】第15節 1〇0 #ファジアーノ岡山|#ジェフユナイテッド千葉 #jefunited #ジェフ千葉

2022明治安田生命J2リーグ第15節 1〇0 ファジアーノ岡山
https://jefunited.co.jp/top/matches/2022/0508/result/

●髙橋壱晟のロスタイム弾で勝利

ロスタイムの93分、髙橋 壱晟の決勝ゴールの起点は髙橋でした。ペナルティエリア内の福満 隆貴にパスを通します。福満の右外を高木 俊幸が追い越してパスを引き出し、マイナスのクロスを送るとそこに髙橋。冷静に決めました。ゴール数自体は少ないのですが、髙橋は得点のセンスがありますからね。

佐々木 翔悟は左利きの利点を発揮して存在感を示しましたし、チアゴ デ レオンソも少しずつなじんできた感じ。両チーム守備が固くてチャンスの少ない試合でしたが、いくつかいい形も作れていました。岡山のビルドアップと相性が良かった面もあったかもしれません。

●ビルドアップとプレスの相性

チアゴは3試合連続の先発。実戦の中で合わせていくほかないとはいえ、期待は大きいのでしょう。右ウイングバックには米倉 恒貴が今季初先発でした。そして佐々木が3バック左に入っています。

(残り 1465文字/全文: 1952文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ