監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

大宮花伝

大前元紀/劇的FK弾の主将が仲間のために自腹を切ったものとは?【ファジアーノ岡山戦/コラム&西大宮の巻】

■明治安田生命J2リーグ第27節・8月10日(土)19:00キックオフ
シティライトスタジアム/9,193人
ファジアーノ岡山 0-1 大宮アルディージャ
【得点者】大宮/65分 大前元紀

▼出場後、わずか1分で結果

圧巻の劇的FK弾で千両役者ぶりを見せつけた−−。

8月10日のファジアーノ岡山戦で出場直後に結果を出した大前元紀。後半の64分にピッチに立ち、65分に直接FKをゴールに突き刺した。瞬く間に生まれた決勝点に本人も

(残り 849文字/全文: 1054文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック