【サッカー人気1位】すべてはジェフユナイテッドライフを謳歌…

大宮花伝

菊地俊介/新戦力3人の攻撃陣「コンビネーションの崩しはあった」【さいたまシティ杯クラブ・ナシオナル戦/選手一問一答】

■さいたまシティカップ・2月9日(日)13:00キックオフ
NACK5スタジアム大宮/7,442人
大宮アルディージャ 0-1クラブ・ナシオナル・デ・フットボール
【得点者】ナシオナル/52分、ティアゴ・ベシノ

ジュニアユース出身の菊地俊介が再びオレンジのユニホームに袖を通した。左のシャドーで先発すると存在感を光らせ、要所で能力の高さを披露。約2週間後に迫る水戸ホーリーホックとの開幕戦へ背番号9を目に焼き付けさせた。

Q.個人と全体の出来を振り返って。
「結果的には負けてしまいましたけど、取り組んできていることが出せた部分とそうでない部分がある。自分たちのミスでピンチを招くシーンもあったので、そこはゲームになったときにつなぐところと、ちょっと相手を裏返すボールを入れても良かったなと思います」

(残り 1071文字/全文: 1414文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック