【サッカー人気1位】浦和式ゼロトップが機能して完勝するも、…

大宮花伝

高山和真/たくましさは増すばかり。残り7試合「僕のサッカー人生において大事な期間」【西大宮の巻】

※今週の練習の一コマ。大宮アルディージャ提供。

 

山形から緊急復帰した高山和真が順調に試合出場を重ねている。計5試合でプレーして、第33節山形戦でJ2初先発。着実にチームの力になり、頼もしさも増すばかりだ。高山が群馬戦へのメディアの合同インタビューに答えた。

 

「勝ちたい」気持ちが滲み出るプレーを

Q.途中出場、先発を含めて5試合に出場しました。個人として、チームとして感じるところはありますか。
「戻ってきたときは途中出場でしたが、J2で初めてスタメンで出たり、初めての経験もありました。チームとして町田戦も金沢戦もいい崩しやビルドアップをしながらって部分は少しずつできているが、得点が取れていないところ。点を取らないと勝てない。そこは僕たちディフェンスラインからの

(残り 3566文字/全文: 3907文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ