【サッカー人気5位】2位・名古屋相手に被シュートゼロの“完…

大宮花伝

大胆采配も結果にはつながらず。初得点の矢島輝一が背負った責任【相模原戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第4節・3月21日(日)16:00キックオフ
相模原ギオンスタジアム/727人
SC相模原 2-1 大宮アルディージャ
【得点者】相模原/88分 平松宗、90+3分 藤本 淳吾 大宮/25分 矢島輝一

▼9人が今季初先発

今日の暴風雨のような涙を流したくなった−−。初先発の矢島輝一が移籍後初ゴールとなる今季チーム初の先制点を決め、勢いに乗るかと思われたが…J3から昇格組の相模原に1−2で逆転負け。相模原にとってはJ2での初得点と初勝利になった形だ。

(残り 1998文字/全文: 2224文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ