【サッカー人気2位】ユンカーのプレーから予想される起用法、…

大宮花伝

小野雅史/東京V戦で魂のこもった先制ゴール。7試合ぶり勝利へは「サイドの攻防が鍵」【新潟戦/コメント】

 

町田戦で悔し涙を流した小野雅史が、東京V戦で先制点と奪う活躍を見せた。ゴールシーンだけでなく、随所で気持ちのこもったプレーを披露。それでも引き分けに終わっただけに、新潟戦では勝利につながるプレーをと意気込む。小野がメディアの合同インタビューに答えた。

 

熱い思いをプレーに乗せて

Q.東京V戦で連敗は止まったものの、勝ち点1でした。振り返っていかがですか。
「本当に勝ち点3を取れるゲームだったし、取らないといけないゲーム。悔しいです、本当に」

Q.ポジティブな面としては攻撃の部分で、人数をかけた攻撃が見られました。これまではあまりなかったと思います。

(残り 3588文字/全文: 3872文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ